マリッジブルーの原因を探る

不安や憂鬱、ストレスやイライラという厄介な状態を作り出すマリッジブルーには、そもそもどんな原因があるのでしょう。

マリッジブルーを経験した多くの人が、「なんとなく」という言葉を口にします。つまり明確な理由がないということですが、実はこれが厄介です。

これだけ次々と新しいECサイトが登場してくると、各社も1サイトに特化したカテゴリの商品を置くstyleが定着してゆくのではないかと予想しているのですが、
特異的なECサイトの成功例
中には数年前まではネットでは販売が難しいと言われていた商品でも果敢に飛び込んできて、大きな成功を収めているところもあるのです。

どんな問題であれ、原因が無ければ対処も出来ません。しかし、どんなに原因がなさそうでも、それは本人が気付いていないだけかも知れないのです。
イラついたり、悲しくなったり、結婚そのものをやめたくなるのは、結婚に意味を見出せなくなるからです。多くのマリッジブルーが結婚式の準備とともに始まるのは、それまで絵空事だった結婚というイベントが、いざ現実として登場したとき、どうしていいのか分からなくなっているとも言えるのです。

結婚は人生の中で最大級の出来事であり、基本的に後戻りが出来ない、一方通行の分岐点です。いつ如何なる場面においても人生における判断は自分で下し決して後悔しない、という鉄人なら問題ありませんが、人は大抵「そうでなかった未来」を想像してしまうものであり、基本的に無いものねだりの生き物です。
マリッジブルーは女性だけのもの?
しかし未来は誰にも分かりません。大切なのは、そういった重大な判断における正しい選択とは、常に「後づけ」であるということです。つまりあなたの結婚の是非を決めるのは、今この瞬間の選択ではなく「ずっと未来の自分たち」を目指す過程にこそあるのであり、そういう意味で「どうにでもなる」ことだと考えるべきでしょう。
よく、マリッジブルーなんて何もしなくても時間の経過と共に解消されていくものだから、気軽に受け流しておけばいいという人もいますが、これが原因で結婚が破談になったり、「一時の気の迷い」がその後の結婚生活に禍根を残してしまったなら、悔やんでも悔やみきれませんよね。

何よりマリッジブルーの当人にとっては、悶々とした日々を過ごすことになるわけで、「気にするな」というのは少し思いやりが足りない対応でしょう。逆にあらかじめ原因を探っておけば、自分ばかりでなく結婚相手や友人などがそうなったとき、少しでも力になってあげられるかも知れないですし、特に結婚相手がそうなったときは、まさにパートナーであるあなたの「頼りがい」が発揮される状況でもあるのです。

マリッジブルーが通過儀礼のようなものであるなら、それをお互いの協力で乗り越えることで、よりいっそう「絆」が深まるかもしれません。