「LOCOND」の総評

LOCONDOは2011年2月にサービスを開始した比較的新しいオンラインショッピングサイトであり、その評価もまだ明確に固まっていないというのが実状です。しかし、大規模な靴のECサイトという特異性が話題を呼び、多くの批評がされていることもまた事実です。
ホームページの効果について | ホームページ制作 アグリロット

まず何と言っても注目すべきは、やはり「全商品送料無料・99日返品無料(返品送料も無料)」の謳い文句です。しかし、どんなに「返品無料」を叫んでいても、実際には手続きが複雑で分かりにくかったり、返品可能期間が非常に短かったりと、なかば悪意とも取れる仕様を用意しているサイトが多く見受けられる中、LOCONDOが明らかに「返品を前提」としている姿勢を、送付されてきた商品に見ることができます。
web制作 仙台ナビ
商品は、特徴的なオレンジと黒のラインとLOCONDOのロゴが入った箱で送られてきますが、まず目に付くのが室内試し履き用の台紙です。仮に未使用の靴であっても、室内では何か敷いておきたいという顧客心理よりも、返品時に靴底が汚されない配慮でしょうか。さらに箱の中には返品伝票があり、すでに宛先が記載されています。
第3回 効果の上がるサイト制作のためのWebマーケティング基礎 - MdN ...

つまり依頼主である自分の氏名と住所を記載して、商品を箱に入れれば返品準備が終わるという簡便さです。「面倒だから我慢して履くけど、もうこのサイトで靴は買わない」と思われないための配慮と言えるでしょう。
実際に返品となり、LOCONDOのオペレーターに電話しても、言葉の端々に「返品のためにお客様の手を煩わせてしまって申し訳ない」という姿勢が感じ取れ、企業としての姿勢が教育されているという印象を受けました。

実はこのオペレーターはファッションコンシェルジュというコーディネーターで、LOCONDOの売りのひとつです。ここでは電話によるトータルコーディネートの相談も受け付けますが、実はネットショッピングの利用者には店員とのコミュニケーションを敬遠する向きも多く、誰にも邪魔されることなく自由に商品を選びたいという人にとっては無用なサービスであり、実際、目に見える成果は得られないのかも知れません。

しかし、他のサイトが目立つ場所には掲載しない問合せ電話番号を、サイトの至るところに載せている潔さには「利用者のライフスタイルの一部となる」という顧客との距離感が反映されているように思われ、大変良い印象を抱きました。

このようにLOCONDOには建前だけではない企業としての姿勢が見て取れ、それが不毛とされた靴のオンラインショッピングに、新たな発展を期待させるようです。